モンクレールのダウンをクリーニングに出すおすすめのタイミング!

公開日:2023/02/15最終更新日:2023/02/06


普段着やそれほど高価ではない衣類とは違い、高級なダウンであるモンクレールの場合はクリーニングにいつ出すべきなのか判断に迷うかもしれません。高価なものですから、クリーニングにより傷んでしまうのは絶対避けたいものです。モンクレールのダウンはどのタイミングでクリーニングの出すのがおすすめなのか、詳しく解説しましょう。

ダウンジャケットの着用時期の目安

衣類をクリーニングに出そうと思うのは、着用する時期が終わり、つぎのシーズンまでもう着ない、そんなタイミングが多いでしょう。ダウンコートやダウンジャケットの場合、着用時期はもちろん気温が低いときになりますが、具体的にいうと日中の気温が10℃に届かなくなる、11月頃から翌年の3月くらいまでになりますが、地域によってそれよりも長かっったり短かったりするかもしれません。

近年は異常気象で季節外れの気温になることも多いですから、着るものに困りダウンコートやジャケットも季節先取りで着用する人をよく目にします。また、ダウン衣類もいろいろと種類があり、厳冬期でも暖かく過ごせる厚手のジャケットやコードだけでなく、薄手のジャケットなら秋の終わりから春先まで着ることができます。

最近はインナーダウンも愛用している人が増えていて、ダウンベストのようにファッションに合わせて楽しむこともできます。ダウンジャケットだけでなく、これらのダウン衣類をも合わせると、ダウンを着用する期間は長ければ約5か月、11月から3月くらいになるでしょう。

モンクレールのダウンをクリーニングに出すおすすめのタイミング

ダウン衣類は直接肌に触れるような着方はしませんが、5か月も着用し続ければ汚れや臭いが気になることもあるでしょう。しかし、汚れや臭いが気になるからといって、自宅で水洗いするのはNGです。

モンクレールは高級ダウンであり、素材そのものが特殊でデリケートですから、水洗いすることで風合いが損なわれ着ることができなくなる恐れがあります。ですから、モンクレールは必ずクリーニングに出すようにしてください。モンクレールのダウンをクリーニングに出すおすすめのタイミングは、つぎの通りです。

頻繁に着用する場合

シーズン中にけっこうな頻度でダウンを着用するなら、5か月間もクリーニングしないと汚れや臭いが蓄積し、周囲の人も不快に感じるかもしれません。気がついたらこればかり着ている、そんな人はダウンのクリーニングをシーズン中に1回行うのがおすすめです。もちろん、シーズンが終わったらクリーニングに出しますから、着用頻度が多い人なら着用する5か月間で合計2回クリーニングに出すようにしてください。

汚れが目立たない場合

それほど頻繁には着ない、ほかの素材のジャケットやコートをファッションに合わせて変えているという人なら、シーズンが終わったタイミングでクリーニングに出しましょう。見た目が汚れていない、クリーニング代ももったいないからと、クリーニングせずにしまってしまうのは絶対避けてください。

汚れがついていないようでも、着用していれば汚れがつき、肌に触れる部分に汗や皮脂がついていることもあります。クリーニングできれいにせずそのまましまってしまうと、季節が変わり着用シーズンになったとき、シミやカビが発生することもあります。

汚れや臭いがついてしまった場合

ダウンに限らず、それほど頻繁にクリーニングしないアウター類にはっきりとわかる汚れや臭いがついてしまったら、できる限り早めにクリーニングするようにしてください。汚れや臭いとは、たとえば外出時に天候が悪く泥が混じった雨水などが跳ねる、鳥のフンが落下してついたような場合です。飲食店などで、飲み物や食べ物をこぼして汚れがつくこともあるでしょう。

汚れがついた直後に、水で濡らしたタオルを固く絞ってから拭き取るなど、応急の処置をすることも大切ですが、ダウン衣類は汚れが中まで浸透すると変色やカビやシミ、臭いの原因になってしまいます。これらのような汚れや臭いがついたときは、クリーニングに出してきれいに落とすようにしてください。

モンクレールのダウンをクリーニングに出さないとどうなる?

モンクレールのダウンも、着用したら少なくても年に1回のクリーニングが必要ですが、1回、2回程度しか着用していないからと、クリーニングを省略して保管することもあるかもしれません。しかし、それは絶対に避けてください。汚れていないように見えても、ダウンは空気中に漂っているチリ・汚れを吸収するという性質があり、着用して外出すれば汚れがついているものです。

また、襟元・首回りなどには皮脂汚れや、女性ならファンデーションがつくこともあります。保温性にすぐれているダウン衣類ですが、暖かすぎると汗をかくこともあるでしょう。汗はダウンの羽毛に湿気を残すことがあり、保管中に臭いや虫食いや変色の原因にもなります。モンクレールも、1回でも着用したらシーズン終わりに必ずクリーニングに出すようにしてください。

まとめ

モンクレールのダウンは、一般的なダウン衣類よりも高価な高級ダウンです。中にはクリーニングによるダメージが気になり、できるだけクリーニングには出さないと考えている人もいるかもしれません。しかし、大切なモンクレールのダウンをよいコンディションで長く着用していくためには、1回でも着用した場合クリーニングしてから保管することが必要です。なんといってもモンクレールのダウンですから、クリーニングを依頼するなら確かな技術をもつ信頼できる業者を選んでください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

ダウンジャケットをクリーニングに出したいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。ダウンジャケットは、繊細で高級品なのでクリーニングに出して傷を付けたくないものです。しかし実際には、傷が付
続きを読む
高級ダウンといえばやっぱりモンクレールですが、クリーニングは品質を保つため信頼できるお店に依頼するのがおすすめです。そして、クリーニングから戻って来たモンクレールのダウンは、その後の保管にも
続きを読む
普段着やそれほど高価ではない衣類とは違い、高級なダウンであるモンクレールの場合はクリーニングにいつ出すべきなのか判断に迷うかもしれません。高価なものですから、クリーニングにより傷んでしまうの
続きを読む
ダウンジャケットにはさまざまな種類があります。リーズナブルな価格で購入できるダウンジャケットもあれば、高級なダウンジャケットもありますね。では、高級なダウンジャケットは、リーズナブルな価格の
続きを読む
シーズン物の衣類の代表といえば、ダウンジャケットがあります。本当に寒い時期だけ着用するので着ている時期は短いですが、なくてはならないアイテムでしょう。ダウンジャケットはさまざまなタイプがあり
続きを読む
クリーニング店のタイプは、店舗型と宅配型の2つに分かれます。それぞれに強みはありますが、最近では全国どこでも利用できる宅配型が注目されています。 しかし、思ったような仕上がりにならなかったり
続きを読む
近年、宅配クリーニングを利用する方が急増しています。宅配クリーニングは、クリーニングした衣類を自宅までお届けするというサービスですが、最近は預かり保管サービスも行っているところが多く、注目を
続きを読む
リアクア(株式会社喜久屋) TEL:0570-064-378 受付:10:00~17:00 クリーニングと聞くと、持ち込みなどが面倒でどこか古いイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?リ
続きを読む
ヤマトヤクリーニング TEL:050-5526-9443 9:00~17:00(土・日・祝日定休) 皆さんはどのような場面でクリーニングを利用しますか?家庭でさまざまなものが洗えるようになっ
続きを読む
せんたく便(株式会社ヨシハラシステムズ) 住所:(本社)〒522-0026 滋賀県彦根市大堀町380-1 TEL:0120-096-929(9:00~23:00) 日常の洗濯ではカバーできな
続きを読む
【エリア別】おすすめのモンクレールクリーニング店3選